電子帳簿保存法改正のポイント 制度改正等の課題解決環境整備事業

 

制度改正等の課題解決環境整備事業 主催:海老名商工会議所
電子帳簿保存法改正のポイント

令和4年1月1日から改正電子帳簿保存法を施行されました。内容は、電子取引データの電子保存が義務づけられたことです。その後、2年間宥恕措置が設けられましたが、来たるべきインボイス制度の本格導入を踏まえると、情報の電子化はなるべく早く準備しておくことが必要です。

≪内容≫
●電子帳簿保存法とは?
●電子帳簿保存法改正の内容
●電子取引保存の方法
●宥恕措置終了後の具体的対応
●質疑応答

 ←クリックください。応募を開始しています。

開催概要

日 時 2022年8月25日(木)14:00~17:00
会場 海老名市商工会館3階大ホール 海老名市めぐみ町6-2
講 師 税理士 和田 公彦 氏  (税理士法人ロールスパートナーズ)

法人・個人の税務相談のみならず、経理のIT化など幅広く対応。
通常業務のほかに年数回のセミナー講師も務める。

受講料 無 料
定 員

対 象

50名(先着順)

中小・小規模事業者(会員・非会員問わず)

主催/

お問い合わせ

海老名商工会議所 TEL046-231-5865

海老名商工会議所経営支援部

 

お申込方法

①下記WEBフォームより申込。

WEBフォーム ←クリックください。応募を開始しています。

 ②下記のチラシを海老名商工会議所までFAXください。

チラシ.PDF